2007年04月16日

銀行振込手数料

誰もが銀行振込は行っていることだと思います。
それを、毎月の支払いに利用している方も多いかと思います。
ときどき変わるものですが、2007年4月14日時点のもので大手銀行といくつかのネットバンクを比較してみたいと思います。
ここでは、インターネットを利用している方がこのブログを見ていると思うので、ネット振込のみの比較をしてみたいと思います。

銀行名 自行本支店3万円未満 自行本支店3万円以上 他行宛て3万円未満 他行宛て3万円以上 備考
みずほ銀行 無料 無料 210円 420円 みずほマイレージクラブにご入会すると、振込手数料優遇サービスあり
三菱東京UFJ銀行 無料 無料 210円 315円
三井住友銀行 105円 105円 210円 420円 One's plusのポイントを利用して振込手数料を割り引くことが出来る
りそな銀行 無料 無料 100円 100円 2年以上、一度も預入れまたは払戻しが無い場合は、「休眠口座」として取り扱われ、原則、年間1,200円(消費税等込み)の休眠口座管理手数料を支払う必要がある。[2008/01/12追記]
新生銀行 無料 無料 無料 無料
イーバンク銀行 無料 無料 160円 160円 本人郵便貯金口座への振込は100円
ジャパンネット銀行 52円 52円 168円 262円 口座維持手数料が有料となる場合があります


上記をみれば一目瞭然で、現時点では新生銀行がすべて無料であり、特筆ものです。
それに入金もセブンイレブンATM、郵便局ATMからできるし、土日も入金できるし、
土日の引出し手数料無料とダントツでサービスがいいです。
ただし、現在は口座管理手数料も無料なのですが、今後、あるタイミングで口座管理手数料を条件付きでとるようになる可能性があるので、そこだけ注意すればよいでしょう。
次点のりそな銀行も他行への振込がすべて100円と健闘してますね。

新生銀行の口座開設はこちらから↓



6億円くじBIGやTOTOをネットで買えるイーバンクもお勧めです。↓



同一テーマのサイトは以下を参照↓
人気blogランキングへ

posted by 初夏のレモネード at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(3) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(The long and winding road )

同じ曲を他の人がカバー曲として歌っている場合って結構ありますよね。
今日の目覚ましテレビでも、郷ひろみの過去のカバー曲を特集していました。

そんなことで、個人的な聞き比べの感想を述べていこうかなと思います。

1回目は、ビートルズの名曲
「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(The long and winding road )」
アルバムLet It Be(レット・イット・ビー)収録です。

誰のカバー曲との比較をするかというと、オリビア・ニュートン・ジョンのアルバム
Come on Over(水の中の妖精)に収録されたものとの比較をしたいと思います。

Let It Be(レット・イット・ビー)/ザ・ビートルズ by Yahoo!ショッピング
Let It Be(レット・イット・ビー)/ザ・ビートルズ by 楽天市場
Come on Over(水の中の妖精)/オリビア・ニュートン・ジョン by Yahoo!ショッピング
Come on Over(水の中の妖精)/オリビア・ニュートン・ジョン by 楽天市場

こういう比較をする場合、大抵はオリジナルを先に聞いていたら、その印象が強いため、
なかなかカバー曲がオリジナルよりいいと思うことはないのかもしれません。
しかし、いろいろな曲をよーく聴くと僕の場合は必ずしもそうではないことがあります。

ビートルズとオリビア・ニュートン・ジョン楽曲を聞き比べるとまず、出だしが違います。
ビートルズはご存知のように、いきなり
「The long and winding road」と歌いだしますが、
オリビア・ニュートン・ジョンのカバー曲の場合、ゆったりとしたイントロ(ハープかな?)
から始まります。
この曲の出だしが違うことによって、同じ曲でも印象がかなり違う感じがします。
そして、オリビア・ニュートン・ジョンの曲は曲の最後でも、
このハープの演奏だけでフェードアイトしていきます。

僕は、まったく個人的なことですが、最初に聞いたのが、オリビア・ニュートン・ジョンの
方だったので、このハープの奏でる旋律が余りにも印象深く、なんとなく中学生の頃に
想像していたイギリスへのイメージと重なるんです。

よって、ビートルズファンには申し訳ないですが、今回の比較、
個人的にはオリビア・ニュートン・ジョンの
「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(The long and winding road )」
が好きです。

同一テーマのサイトは以下を参照↓
ブログランキング

posted by 初夏のレモネード at 02:10 | Comment(4) | TrackBack(1) | 聴き比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする