2007年01月31日

おいしいカレールー発見!

家庭で食べるカレーライスのルー。

みなさんは何を使っているのでしょうか?
うちでは、いろいろなカレールーをこれまで試してみたけれど、
1番おいしいのはコスモのカレールーである。

このコスモのカレールーには何種類かあり、
りんご味のもの中辛のものなどがあるが、どれもおいしい。

しかも値段も手ごろである。

みなさん、どうかお試しあれ!

他においしいカレールーをご存知の方がいたらコメントよろしくお願いします。

タグ:カレー
posted by 初夏のレモネード at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

「いい家が欲しい」vs「外断熱が危ない」

これから家を建てようと考えている方には、その前にぜひ読み比べて欲しい本がある。
それは、以下に紹介する2冊(「いい家」が欲しい。「外断熱」が危ない!)である。
僕なりの意見を述べさせていただくが、実際に読んでいただきたいと切に思う次第である。

住宅本のベストセラー「いい家」が欲しい。という本がある。
この本は外断熱の有効性を説き、カネカのソーラーサーキット工法というフランチャイズ工法を紹介しながらいい家を造るためのノウハウを宣伝した本である。
この本は新聞紹介されており、雑誌、TV等の外断熱ブームと同時期に発刊されたためか大変なベストセラー本になった。

かたや、「外断熱」が危ない!という本は、「いい家」が欲しい。に対抗して、「いい家」が欲しい。の断片的な情報、非論理性を説き、数値による実験データやあらゆる分析結果、研究結果に筆者である西方氏の考え方を加えた批判本というイメージのものである。
しかし、この本、ただの批判本ではない。外断熱(正しくは”外張り断熱”)だけではなく内断熱(正しくは”充填断熱”)の有効性も客観的に説明しており、建材などの評価もその他いろいろな情報から見ても納得の内容なのだ。

「いい家」が欲しい。の筆者、松井氏も黙っていない。改訂版にて、「外断熱」が危ない!を批判する文章を追記している。

しかし、この対決、僕の個人的な印象からすると松井氏の追記した批判文章には論理性が感じられない印象である。
全体的な本の内容にしても、その他、プロ用の本も含めて、いろいろな住宅関連の情報から判断すると西方氏の「外断熱」が危ない!の方が理論的であるように感じる。

本の内容だけでいくと、「外断熱」が危ない!が勝ちなのではないでしょうか。

ただ、実際に建った家という点では、「いい家」が欲しい。の松井さんの工務店、マツミハウジングの家と、「外断熱」が危ない!の西方設計で設計された家はどちらもハウスメーカーなど足元にも及ばないハイレベルなすばらしい家だと思う。
建売住宅やありがちなリフォーム業者の家など比較にならないレベルであるし、安易に住宅展示場でデザインに魅せられて高価なハウスメーカーを選択するのではなく、こういうしっかりした工務店や設計事務所に家を建ててもらうことを選択して欲しいと切に願います。

posted by 初夏のレモネード at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする